岐阜県関市にある わかくさ総合歯科クリニック 岐阜県関市の一般・インプラント・矯正・予防・審美歯科はわかくさ総合歯科クリニックへ

アンケートお問い合わせ

ブログカテゴリー

MENU

わかくさ総合歯科クリニック
〒501-3228
岐阜県関市竪切北12-1(地図)
TEL 0575-46-7800
QRコード
TOOTH FAIRYTOOTH FAIRY
トゥースフェアリー
RSS

糖尿病




糖尿病は、体内にブドウ糖を取り込むために必要なインスリンというホルモンが効きにくい状態になったために
ブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高くなっている状態です。


糖尿病と歯周病はお互いに影響を及ぼす関係です。
歯周病になると歯周ポケットから血液中に放出された炎症性物質によりインスリンが効きにくくなり、
糖尿病が発症・進行しやすくなります。


2021-05-27 16:13:32

ふっ素によるむし歯予防



笑いむし歯予防にフッ素というCMのフレーズを耳にしたことがあると思います。
そのフッ素は現在むし歯予防の目的で国内外の多くの人たちに利用されています。
ふっ素は自然界に広く存在している元素で私たちの身体では、髪の毛、皮膚、血液など
あらゆる部分に存在していますが、骨や歯など硬い組織にとても多く含まれています。
むし歯というのは、むし歯菌が出す酸によって歯が溶ける病気です。
むし歯予防にフッ素と言われるのは、フッ素の働きで歯を丈夫にすることのほかに、むし歯菌の活動や酸の産生を抑制したり、歯からカルシウム成分が溶けだすことを防いだり、歯にカルシウム成分を再び取り組むことを助けたりするからです。

2021-05-22 11:05:48

歯周病と腸内細菌



アッカンベー腸には免疫細胞や外敵と戦う抗体が、体の中で最も多く存在するといわれています。
その働きは主に約100兆個もの腸内細菌が担っています。
腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌があり密接に関係しながらバランスをとっています。
近年、この腸内細菌の中に歯周病菌が見つかり歯周病菌が腸内細菌のバランスを悪化させる可能性が示されました。健康づくりのために歯周病予防が欠かせないことがこのことからも分かります。
2021-05-06 16:51:18

若い人は侵襲性歯周炎に注意



歯周病は通常、15~30年ほどかけてゆっくり進行しますが
2~10年ほどで急速に進行するタイプがあります。
これを侵襲性歯周炎といい、特殊な歯周病菌によって引き起こされます。
患者数は多くありませんが10代後半から20代で発症し急に悪化しやすいのが特徴です。
若い人でも歯ぐきに炎症や出血がある場合は早めに歯科を受信しましょう。笑い
2021-04-24 16:42:35

歯周病と動脈硬化



歯周病によって産生された炎症性物質が血液中の中に入ると血管の壁を刺激し、
慢性炎症を起こします。
すると血管内にアテローム(おかゆ状の沈着物)ができ
血液の通りが狭くなりさらに進行すると、動脈硬化が発症します。
悪化する前に歯科医へ受診しましょう!!
2021-04-05 17:00:24

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ