岐阜県関市にある わかくさ総合歯科クリニック 岐阜県関市の一般・インプラント・矯正・予防・審美歯科はわかくさ総合歯科クリニックへ

アンケートお問い合わせ

ブログカテゴリー

MENU

わかくさ総合歯科クリニック
〒501-3228
岐阜県関市竪切北12-1(地図)
TEL 0575-46-7800
QRコード
TOOTH FAIRYTOOTH FAIRY
トゥースフェアリー
RSS

キシリトールの効果


キシリトールにはむし歯予防に役立つ2つの効果があります。1つめは歯の再石灰化をねらう効果です。キシリトールは唾液中に含まれるカルシウムを安定化させて、無機成分を失った歯の表面(エナメル質)に取り込みやすくします。
2つめはプラーク中のむし歯菌(ミュータンス菌)を減少させ、酸の生成を抑える作用です。ミュータンス菌は、食品中の糖をエネルギー源として取り込み酸を生成します。この酸がむし歯の原因になるのです。しかしミュータンス菌はキシリトールを取り込むことができないため弱ってしまい、酸も生成できなくなります。
2022-11-28 15:27:42

歯の変色について


歯の変色には、むし歯や歯垢、ステイン付着など外因性の原因と、遺伝や加齢、代謝、外傷による歯の神経の損傷、化学物質や薬剤など内因性の原因があります。
外因性の変色はむし歯の治療や歯科医院で行う歯の清掃で改善されます。内因性の変色は、変色物質が歯に取り込まれることにより起こるので、主に歯科用のホワイトニング材を用いて、歯に浸透させ変色の改善を行います。内因性の変色はその原因と色の違いによりホワイトニングの効果に差が出やすいことがあります。

2022-11-25 14:07:19

こどもの定期健診の必要性は?


幼弱な乳歯は永久歯と比べて、むし歯になると短期的に進行しやすい傾向にあります。そのため、むし歯を初期の段階で発見することや、予防のために定期的に歯科医にチェックを受ける習慣が、お口の健康を守る上でとても大切です。
健診の頻度は、生活やお口の中の状態、カリエスリスク(むし歯になる危険度)が一人ひとり異なるので一概にはいえませんが、数カ月から1年に1回程度健診に通うといいでしょう。
生後6か月のころから下の前歯が生えはじめますので、まず子供の口の中をしっかり観察してあげてください。生えたての歯は、最初ガーゼで優しく拭うなどのケアをして、少し慣れてきたら乳児用の小さい歯ブラシで優しくブラッシングを始めましょう。
口の中のことで心配なことがあれば歯科医に相談してください。
2022-11-19 14:20:45

「フッ素」でむし歯に負けない強い歯を!


むし歯菌が作る酸が歯の硬組織成分であるリン酸カルシウムの結晶を溶かしてしまうことを「脱灰」といいます。脱灰は食事の際に口腔内が酸性になると起こりますが、唾液の中和作用と唾液中のカルシウムによって「再石灰化」が起こるので、脱灰と再石灰化のバランスがとれていれば、むし歯は生じません。
フッ素は歯のカルシウムと結合することで脱灰を抑え、再石灰化を促進する作用があります。フッ素配合の歯磨き剤を使って、むし歯に負けない強い歯を作りましょう。
2022-11-17 15:38:15

乳幼児のむし歯はどう見つける?


0歳児ではまだ生えている歯は前歯のみで、むし歯になりにくいのが現状ですが、もしむし歯があっても痛みを生じることは稀でしょう。
むし歯があるかどうかは、毎日保護者が子供の口の中で、むし歯の兆候(歯に穴など形態変化がある、変色や着色している、白濁しているなど)がないか見て確認してあげるといいでしょう。それを見つけたときには、歯科医院で確認してもらいましょう。
2022-11-15 15:16:01

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ