岐阜県関市にある わかくさ総合歯科クリニック 岐阜県関市の一般・インプラント・矯正・予防・審美歯科はわかくさ総合歯科クリニックへ

アンケートお問い合わせ

ブログカテゴリー

MENU

わかくさ総合歯科クリニック
〒501-3228
岐阜県関市竪切北12-1(地図)
TEL 0575-46-7800
QRコード
TOOTH FAIRYTOOTH FAIRY
トゥースフェアリー
RSS

歯周病が進行しやすい人


歯周病は日々の生活習慣と大きく関係しているため、生活習慣病の1つと考えられています。生活習慣病は、生活習慣を改善することで予防が期待できます。

・歯みがきが不十分な人
・タバコを吸う人
・糖尿病の人
・口呼吸をする習慣のある人
・歯の被せ物が合ってない人
・嚙み合わせが悪い人
・食いしばり、歯ぎしりをする人
・ストレスの多い人
・睡眠不足で休養がとれていない人 …など
2022-11-10 16:54:55

歯周病の進行と症状


①歯周炎(歯肉溝(仮性ポケット)の深さは2~3mm)
歯肉溝に入り込んだ歯周病菌によって、歯ぐきだけが炎症を起こしている。歯ぐきの縁が部分的に赤く腫れるが、自覚症状はほとんどない。

②軽度歯周炎(歯周ポケットの深さは2~4mm未満)
炎症が進行して、歯肉溝は歯槽骨の一部が吸収した歯周ポケット(真性ポケット)になる。歯ぐきは赤く腫れ、触るとプヨプヨする。出血しやすい状態が続く。

③中等度歯周炎(歯周ポケットは4~6mm)
歯槽骨の吸収が進み、歯がぐらつくようになる。歯の根元が露出しはじめるので、歯が長くなったように見え、膿の排出や口臭も現れる。

④重度の歯周炎(歯周ポケットは6mm以上)
歯を支える歯周組織が破壊され、歯根が露出。歯ぐきからは膿や血が持続的に出る。最終的には歯槽骨が大きく失われ、歯がグラグラして自然に抜け落ちる。


2022-11-05 14:23:51

全身の健康に影響する「歯周病」ってなに?


・歯周病の正体は細菌感染症
歯を失う最大の原因が歯周病です。歯周病はポルフィロモナス・ジンジバリス菌などの最近(歯周病菌)が増えることによって起こる病気です。歯みがきが不十分だと、歯の表面にネバネバとした歯垢(プラーク)がつくられます。この思考は細菌のかたまりで、歯周病菌も歯垢の中で増え続け、炎症を起こして歯を支える組織(歯周組織)を破壊していきます。


・歯周病は静かに進む
歯周病の初期段階では自覚症状がほとんどなく、気づかないうちに進行していきます。このような病気を「サイレント・ディズィーズ(静かな病気)」といいます。成人の約8割が歯周病になっているにもかかわらず、自覚している人が少ないのはそのためです。
2022-10-31 14:16:51

抜けた乳歯


抜けた乳歯を日本では、上の歯は縁の下に、下の歯は屋根に向かって投げるという昔からの風習があります。新しい歯は古い歯がある方向に伸びると考えられているからです。これは日本独自のものと思いきや、実はアジア他国でも見られる習慣。さらに世界中を見渡すと、様々な風習があります。なかでもチリとコスタリカはユニークで、なんと乳歯をイヤリングにして身に着けておくそうです。またアメリカやカナダ、イギリスなどは、抜けた歯を枕の下に入れておくと、“歯の妖精”がやってきてコインと交換してくれるという言い伝えがあるとか。まるでかわいらしいおとぎ話のようですね。
2022-10-31 14:12:54

おやつについて


子どものむし歯予防の第一歩はおやつの摂り方に気を付けることです。子供にむし歯ができると、保護者は「ちゃんと磨いてないから」といわれます。たしかに歯を磨くことはとても大切なことです。ときには、「うちの子はちゃんと磨いているのに、むし歯がすぐできてしまう。歯が弱いんでしょうか?」と言われる方もいらっしゃいます。しかし話をよく聞いてみると、あめが大好きで手放せなかったり、寝る前に甘いものを食べたりしていることがあります。
お菓子を食べながらテレビやゲームに夢中になっていませんか?食事もおやつもできるだけ時間を決めて規則的に食べるようにしましょう。だらだらと食べたり飲んだりする生活習慣がむし歯を招くのです。

2022-10-27 15:13:46

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ